ロゲイン

AGA・薄毛の治療薬TOP>治療薬一覧>ロゲイン

ロゲインとは

ロゲインはミノキシジルを含んだ概要宅であり、発毛・育毛を促進する事によって薄毛を改善することができます。ミノキシジルは、1970年代のアメリカで、血圧を下げるための薬として開発されたものでしたが、その副作用として多毛症を引き起こすことが発見されたため、これを薄毛治療に用いるための外用薬としてロゲインが開発されたのです。日本では大正製薬の「リアップ」が、ミノキシジルを含んだ外用薬として有名でしょう。

ミノキシジルにはタブレットタイプもありますが、タブレットは内服薬であるだけに低血圧や多毛症といった効果が現れやすくなります。そのため、それらの副作用が気になる人にとってはロゲインんどの外用薬を使うほうがいいといえます。

ロゲインの使用方法

ロゲインを使うタイミングには、とくに決まったものはありません。しかし効果的なのは風呂上りなど、頭皮が最も清潔であり、しかも血行がよくなっているタイミングで用いる事です。頭皮が清潔であることによって浸透しやすく、血行がよくなっていることによって効果を高める事ができます。また、風呂上りなどのタイミングで使うことによって、習慣化しやすくなります。

そのほかに効果的なタイミングとしては、寝る前も挙げられます。人間は寝ているときに体のメンテナンスが行われており、髪の毛なども寝ている間に最も成長します。髪の毛が成長しているということは、寝ている間に毛根の細胞が活発に働いているという事になり、その働きをサポートするためにも、寝る前の使用が効果的といえるのです。

他の薬との併用

ロゲインを使用する際には、他の外用薬と併用してはいけません。一見効果が高まりそうな方法だと感じるかもしれませんが、実際には、お互いの製品に含まれている成分同士が相互に干渉することによって、効果が弱くなったり、副作用が出やすくなったりすることとなります。

とくにロゲインは、ミノキシジルの血管拡張作用によって育毛効果を期待する薬であり、その効果がある代わりに、頭皮の肌荒れ、炎症、かぶれなどの副作用が起こることがあります。他の外用薬と併用すれば、これらの副作用がおきやすくなったり、またおきた場合にも症状が重くなったりすることが考えられます。

人体に重篤な作用を及ぼすような影響はないものの、併用は控えるに越した事はないでしょう。




ロゲインの紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△ロゲイン PageTopへ