プロペシア

AGA・薄毛の治療薬TOP>治療薬一覧>プロペシア

プロペシアとは

プロペシアは、薄毛の治療薬です。一般的にはフィナステリドと呼ばれているものであり、アメリカのメルク社が開発したものです。現在では世界60カ国以上で承認されており、病院が扱う薄毛治療薬では世界初のものです。

日本では2001年に臨床試験が始まり、2003年には厚生労働省へ承認申請が提出され、2005年12月から国内での販売が始まりました。

形状は錠剤であり、「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」があります。円形で小さく、飲みやすい錠剤です。

プロペシアの有効成分はフィナステリドであることから、薄毛や抜け毛の進行を防ぐ働きがあります。そのため、多くの薄毛対策には必須の治療薬として、多くの人に飲まれている薬です。副作用もないわけではありませんが、薄毛の悩みに比べればごく軽いものだと判断される事が多いです。

プロペシアの服用方法

プロペシアの服用方法はシンプルであり、0.2mgもしくは1.0mgのプロペシア錠を、1日1回水またはお湯で服用します。プロペシアの1日の上限は1.0mgとされているため、上限を守りましょう。

プロペシアは、毎日決まった時間に服用することが大切です。なぜならば、有効成分であるフィナステリドは、24時間程度で体内からなくなるからです。そのため、飲むタイミングは就寝前などというふうに習慣付けておくのがポイントとなります。

また、1日くらいであれば飲み忘れがあったとしても余り問題はありません。しかし基本的には、毎日継続するものとして望んでください。

また、プロペシアはホルモン代謝に関係する薬であることから、女性は服用してはいけません。特に妊婦は厳禁であり、もし服用すれば胎児の生殖器に悪影響を及ぼす事もあります。

他の薬との併用

プロペシアは他の薬との併用によって効果が弱くなったり、悪影響がでたりすることは現時点確認されていません。しかし持病などによって常時薬の服用をしている人で、飲み合わせることによって違和感があった場合などには、主治医に相談するほうがいいでしょう。ただし、フィナステリド過敏症の人は、服用を避けたほうがいいといえます。

逆に、ミノキシジルと併用するのは、薄毛治療に非常に効果的です。プロペシアによって現時点以上に薄毛が進行することを止めておき、そこへミノキシジルの効果によって発毛・育毛を促進し、脱毛スイッチが入っている毛根を再稼動させるのです。どちらか片方では力不足となるため、この両者はぜひ併用したほうがいいでしょう。




プロペシアの紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△プロペシア PageTopへ